2020年12月03日

1月後半に履いたスニーカー2020

色々あった2020年もあとひと月を切りました。

こんなに赤穂にべったりいた一年は記憶にありませんが、案外家族で居る時間も多く、悪い事ばかりでもなかったなと。


とはいえ、毎年楽しみにしていた先輩家族との旅行や、友人との飲み会も今年はキャンセルになってしまったりだったので、来年は良い年になるよう願うばかりです。



という事で、11月後半に履いたスニーカーまとめです。


9304BBDB-1D5F-4F5D-B2B1-85184B0C0182.jpg

NIKE BY YOU AIR MAX ZERO "A+S"

当時友人と片方ずつ交換した一足。

一瞬盛り上がってすぐに忘れ去られたエアマックスゼロですが、デザインは抜群にいいと思います。

これ、エアマックス1の前にティンカーが描いたスケッチを具現化したものなので、アッパーやソールの素材や作り方をもっと当時に寄せて作っていたらスタンダードになったんじゃないかなと思います。



7C44244E-5D07-4C7F-82AF-C61D23E25341.jpg

NIKE AIR TAILWIND 79 ”MICHIGAN"

先日ブログで書いたTAILWIND79です。

来年の春くらいまで寝かせようか悩みましたが、履きたい気持ちに素直になりました笑

めちゃくちゃかっこいいし、脱ぎ履きもしやすいし、正直文句のつけようのない一足です。



CF3AE2DC-277D-4DF5-AEEA-8C2E01772188.jpg

NIKE AIR JORDAN I RETRO HIGH "METALLIC RED"

レトロ仕様、アッパーがシュリンクレザーのオリジナルカラーです。
アッパーのシュリンクレザーがひび割れてきました。11年前のモデルなので致し方ないと思う一方で、スムースレザーなら多分大丈夫だったのにと思う次第。



C3D3BEAD-F661-49C7-A3D2-F2543FC8ED8B.jpg

NIKE AIR JORDAN III COUNTDOWN PACK "BLACK ELEPHANT"

こちらは12年前のモデルで、ビジブルエアに曇りが出ていますが、ミッドソールを塗り直したからか、今の所まだ履けます。が…いつ逝ってもおかしくない状態です笑

ジョーダンブランドを代表する一足だと思います。名作、いや傑作です。



D8C977DD-C5AF-483A-B359-9B510C7D9C4A.jpg

NIKE AIR MAX I "ROYAL"

これもまた11年前の一足。そして、この日を最後に逝ってしまいました。

そうです、スニーカーの宿命、加水分解です。

という事で、シュリンクフィルムに入れ、ドライヤーで密着させて永遠の眠りに。今までありがとう。

全てのエアマックスの中で一番好きなモデルなので、次復刻したら買います。



F6585AB3-7F9C-4584-A300-DCE9749F0C13.jpg

NIKE AIR MAX 270 BOWFIN

世間的に全く受けない、でも個人的には名作な270ボーフィンです。

イメージ的にはACGとエアマックス270を掛け合わせたような、この足し算に次ぐ足し算なデザインがたまりません。

そして、これ、履き心地も抜群、脱ぎ履きも非常にしやすいんです。

継続して欲しいモデルです。



5EE9880D-A98D-405C-AD7D-31B392CF93AC.jpg

NIKE AIR FORCE I LOW PREMIUM OLD 6 "MICHAEL COOPER"

これもまた13年前のモデルですが、全く問題なく履けてます。

まあ、間違いなく中では加水分解してるんでしょうが、ミッドソールがゴムなので、定期的に履いてればかなり寿命は長いのが、エアフォース1コレクターが多い一つの要因なんだろうと思います。

あマイケル・クーパーって、西海岸のR&Bシンガーがいたな。関係ないですが笑



D4A63239-59EF-413B-A6EC-9E03750C885C.jpg

REEBOK ROYAL HEREDIS VULC

多分持ってるスニーカーで最安値です。

これは仕事用で履くシンプルな黒のスニーカーが欲しくて探していたら、ブラックフライデーでリーボックがえげつないセールをやっていて、ビックリ価格で買った一足。

そもそも定価が安いんでしょうけど、リーボック、どうなっちゃうんでしょうか。

お察しの通り、非常に合わせやすい一足でございます。


78F826CE-9C69-45C0-9574-AEBE2E155C61.jpg

KENNY MOORE x NIKE CORTEZ CLASSIC QS "WHITE"

試作品として作られたものを再現したモデルなので、アッパーもふぬゃふにゃだし、アウトサイドにはスウッシュもなし(代わりにマジックで描いた風な文字)という、肩の力が抜け抜けな愛くるしい一足です。





という事で、前後半合わせて19足となりました。

好みの変化もあり、少しずつですがラインナップが変化しています。

また、履けなくなったスニーカーも今年だけで5、6足ほど。

どんなに気に入ったスニーカーも、どんなに大枚叩いて買ったスニーカーも、いつかは壊れます。
持ってて眺めるのもいいですが、履いてあげてください。


posted by MeganeNoNakanishi at 12:43| スニーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする