2018年04月18日

徹底比較〜SHADOW OG

今年になって、新色を含め、多くのAJ1がOG仕様でリリースされており、この流れはまだしばらく続いていくようです。


世界的にAJ1が人気となっていることもあってのことだとは思いますが、逆に言うとAJ1に頼らざるを得ない感も否めませんが…



さて、先日リリースされたAJ1 OG SHADOW、2013年のものと比較してみました。ご参考まで(^^)

(ちなみに以前2013年のOG仕様と、それ以前に出たRETROさ作用を比べたことがあります。その時の記事はこちら→http://meganenonakanishi.seesaa.net/article/373294973.html)



画像は全て左が2018年、右が2013年となります。


997912E0-426B-4D39-8488-0863B7295CA6.jpg

シルエット的には若干2018年の方がすっきりしているような気もしますが、さほど変わらない印象。
2013年の方が若干猫背気味かもしれません。

グレー部分の色味が若干違います。


D1015154-BA05-467F-B7E2-DF4DEA253AD7.jpg

サイドパネルのくの字のステッチの角の位置が違います。

また、これは全体的なことですが、2018年の方がステッチが綺麗で、縫製も丁寧な印象です。


A23C0736-81FF-4582-9A95-32A0EFBCA01E.jpg

これは特にアンクル部分のレザーに顕著ですが、2018年の方が皮が柔らかいです。履き心地は全く別物です。履き口は2018年は曲線的ですが、2013年は直線的です。


CDF430BA-D22D-4923-B204-B42C05D49068.jpg

ヒールの高さはほとんど同じです。

外側と内側のスウッシュの接合部分の四角いパーツのステッチが異なります。


D3133AF5-7455-4B55-947B-D45A30DCAFC6.jpg

レースホール付近のグレー部分、縦に走っているステッチの位置が違います。2018年の方はその下の黒いステッチと揃っていますが、2013年はかなり外側にステッチがあります。


48581B46-2208-422B-98D1-FCE8C4335893.jpg

トゥ部分の穴の間隔、そして穴の大きさが違います。2018年の方が綺麗に穴が開いています。


A8F38D25-8EC2-4F9C-85AE-B890502D9D92.jpg

タンの素材は2018年の方が織り目が大きいです、

また、2018年のタグにはNIKE、SWOOSHそれぞれにR️が付きます。


E7954AE9-2906-4052-9212-BFF378667C7D.jpg

インソールとタン裏の色も違います。ロゴの色も違います。


3DCC3B18-88FA-4302-98E1-3D08A04CFE9E.jpg

ソールはほぼ同じですが、ロゴの大きさが違います。


あと、撮影してませんが、BOXのラベルが変更になっています。2018年の方はAJ1以外にも使用されるような、ジャンプマンロゴ付きのものに変更になったようです。OG仕様なので、ここは2013年のものの方が雰囲気が出ます。



と気づいたのはこの辺りです。

最近のOGは全て皮が柔らかくて履きやすいと思っていましたが、少し前に出たGAME ROYALは硬い皮で履きにくそうな皮だなと思ってます。まだ履いてませんが…笑


最近、ハイカットを履くのがだんだんしんどくなってきています。ローカットや、最近のエアマックスのまあなんと履きやすいこと笑



posted by MeganeNoNakanishi at 13:07| AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする