2014年10月29日

グッドデザインなレンズ。

近隣地域では当店のみが取り扱う事の出来る遠近両用レンズ、『ニコンAi』シリーズ。


C44B8C8A-FD4F-4166-8110-A96258F1A197.jpg


遠近両用レンズならではの見え方である揺れ・歪み極限まで軽減し、まるで裸眼のような見え心地を実現。また左右の眼の見え方をチューニングする設計プログラム「サイクロン設計」を用いた、まさに最新形です。



当店においても、高価格帯のれんずにも関わらず、お客様より非常にご好評頂いております。



そんなニコンAiシリーズが、なんと2014年度の『グッドデザイン・ベスト100』を受賞しました!


0EC51797-BF62-4A4E-A25B-FE7579A2206B.jpg


そもそも『グッドデザイン賞』とは、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現・経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、受賞数は毎年約1,000件、55年間で約140,000件に及んでいます。


賞はこの「グッドデザイン賞」と、さらに複数の「特別賞」で構成され、受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。


最新のアンケート調査では、このGマークの認知率は実に88%にも及んでいます。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。



そんな『2014年度グッドデザイン賞』全受賞1,258件の中から、明日を切り拓く力を持ったデザイン・未来を示唆するデザインとして、審査委員会により特に高い評価を得たものが『グッドデザイン・ベスト100』なんです。



ちなみにグッドデザイン・ベスト100に入った眼鏡レンズはこの『ニコンAi』シリーズのみです!



む〜、すごい。



それだけ設計が素晴らしいという分かりやすい証拠だと思います。



67BEFF4B-B285-405A-8039-839AACE33078.jpg


「Gマーク」って、家電とかによく付いてるのを見かけますが、やっぱりコレが付いてると、


「おっ、ええのんなんや!」


って興味が湧きますよね(^^)



メガネの中西では、そんな最良のレンズを、最良の技術で度数チェック・加工・フィッティング致します。


遠近両用に不安・不満のある方、ぜひ当店にお任せ下さい!

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•

お問い合わせ:
眼鏡専門店 メガネの中西
mail:meganenonakanishi@herb.ocn.ne.jp
posted by MeganeNoNakanishi at 15:06| Comment(0) | レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

画期的なUVカット。

日焼け止めや、UV対策コスメ、日傘に帽子…。


これからの季節、特にレイディのみなさんにとっては必需品ですね。


また最近では、サングラスやUVカットレンズなど、アイウエアによる紫外線対策も需要が高くなってきてます。


実際、メガネレンズの約8割がUVカット標準になってます。



が!


今までのレンズは、正面からの紫外線はほぼ100%カットですが、

image-20140424145134.png


背後からレンズ裏面で反射した紫外線は、ガンガン目に入ってきてました。

image-20140424145144.png



これじゃ、紫外線対策は万全とは言えません。



そこでNikonより、『本気の紫外線対策レンズコーティング』がリリースされました。


それが、『SEE CLEAR PREMIUM』です。

image-20140424145208.png


基本的な撥水加工から始まり、キズ防止、静電気防止も付いている、なかなか優れたコーティングなんですが、そこに、裏面反射を徹底的に抑えるコーティングがプラスされました。


裏面反射を約84%も抑えてます。


紫外線は、肌への影響ばかりでなく、白内障や角膜炎、翼状片などの眼病の原因にもなります。


これらは、UV対策をすることで絶対にならない、とは言えませんが、確実にリスクを軽減出来ます。


紫外線は一年中降り注いでますので、キツくなってくる今のタイミングで、『本気の紫外線対策』してみませんか?



お問い合わせ:
眼鏡専門店 メガネの中西
mail:meganenonakanishi@herb.ocn.ne.jp
add:兵庫県赤穂市加里屋53-4
hp:http://www1.ocn.ne.jp/~mgnnnkns/
tel:0791-42-2533
posted by MeganeNoNakanishi at 14:53| Comment(0) | レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

『チラシの中身』第6回。

不定期連載『チラシの中身』第6回。


今回は遠近両用レンズのご紹介。


こちら↓

image-20140405141749.png

ニコンレンズ取扱店の中でも、限られた店舗のみのプレミアムレンズ、赤穂周辺地域では当店のみの「ニコン・エーアイ」です。

image-20140405141801.png


こちらは、以前にも当ブログにてご紹介しましたので、その時の記事を再掲載させて頂こうと思います。



遠近両用レンズは、遠くから近くまですべてにピントを合わせられるため、一枚のレンズの中に度数がたくさん存在するため、どうしてもユレ、ゆがみ、ぼやけ等の見え心地の悪い部分があります。


そのため、これらの見え心地の悪い部分をいかに少なくするかが、遠近両用レンズ開発の一番の課題です。


今回のAiは、ニコンの最新技術「サイクロン設計」により、従来品に比べ、ゆがみを最大44%低減する事が出来るようになりました。


一般的な遠近両用レンズでは、既存の設計に基づき、ご注文の度数に加工する事で製造されますが、サイクロン設計では、ご注文をお受けしてからお客様の個別データを基に一枚ずつレンズを高速自動設計するニコン独自のシステム。

レンズ度数のデータに加え、両眼で見た際の像のズレやゆがみなど、メガネの装用状態までも想定して、一人一人の最適な見え心地を作り上げます。

image-20140405141912.png


これにより、今までにない、遠方〜中間〜手元の隅々までスッキリした見え心地を実現。



もちろん、いくらいいレンズを使っても度数をお調べしたり、フィッテングがイマイチだと、性能の良さを発揮できません。


こう言った意味でも限定店扱いなわけです。


当店には、豊富な知識や技術を持った日本眼鏡技術者協会認定の認定眼鏡士がおります。


遠近両用レンズ、お任せくださいo(^▽^)o



お問い合わせ:
眼鏡専門店 メガネの中西
mail:meganenonakanishi@herb.ocn.ne.jp
add:兵庫県赤穂市加里屋53-4
hp:http://www1.ocn.ne.jp/~mgnnnkns/
tel:0791-42-2533
posted by MeganeNoNakanishi at 14:20| Comment(0) | レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする