2015年10月07日

NBAが始まる話

la-sp-kobe-bryant-lakers-20150311.jpg

だいぶ肌寒い季節になってまいりました。


みなさまは体調管理だいじょうぶでしょうか?


お久しぶりです。きょうへいです。



今月末についにNBA開幕!!


待ったー!待ちくたびれました。


今年も移籍に移籍。引退に移籍とめまぐるしく選手が動いています。


優勝候補は……ありすぎです!


もちろんウォーリアーズ、キャブス。


スパーズ、クリッパーズ、ブルズ…。


そう、NBAは戦国時代です。絶対王者はしません。



しかし、今年に限ってはこの選手が気になってしょうがありません。


コービー・ブライアント。


彼が今年で引退するかもしれない…。


マイケル・ジョーダンの分身。


試合中の彼を見ていると、ジョーダンを見ていた時と同じ気分になります。


興奮して時に感動する。


カリスマ性と見た目はジョーダンの方が断然シュっとしています!!


神戸牛がうますぎて名付けられた、イタリア育ち。


ブラックマンバ(毒蛇)というニックネーム通り、


コート上の彼はチームメイトですら怖がるという負けず嫌い。


彼が引退するのはひょっとしたらジョーダンが引退するより悲しいかもしれません。

Kobe-Bryant-Air-Jordan.jpeg

万全の体調で今シーズンやってほしいです。


レブロン・ジェイムス、ステプァン・カリーとは明らかに違う。


最後の90'sなスーパースター!


機会があればぜひ!!


ただ、


体調管理だけは気をつけて。
posted by MeganeNoNakanishi at 18:41| Comment(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

NBAの世間話 pt.15

なでしこ勝ちましたねー!


いやいやスポーツはドラマですね。



きょうへいです。



NBAのドラフトが終わりました。

kobe.jpg


また今年もフレッシュマンが入ってくるわけです。


もうNBAに期待わくわくな新人達に待っているのが、


「ウェルカムNBA」



これは活きのいい新人達に、先輩プレーヤーが粋なプレーで迎えること。



有名なのは1991年のブルズ対ナゲッツの試合終盤。



試合はもうブルズのほぼ勝ち状態で。


ナゲッツが時間を止める為にファウル。



ナゲッツには当時ディケンベ・ムトンボという大物新人がいました。



フリースローをもらったジョーダンがムトンボに話しかけられ、



「見てろよムトンボ。」と言いながら目を閉じてフリースローを決めました。

close.jpg


「これがNBAさ。」とジョーダン。



かっこいいですね。



来シーズンもまたウェルカムNBAを楽しみましょう!



ちなみにジョーダンは97年にも目を閉じて見事に失敗。


左手で打ったこともありますが見事失敗しています。
posted by MeganeNoNakanishi at 17:35| Comment(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

NBA博士に聞いた面白い話。

今日はNBAミーハーなスニーカー変態がNBAのお話を。





昨日博士も話しておられたとおり、NBA’14-’15はウォリアーズの優勝で幕を下ろしました。




キャブズファンの私にとってはつらい現実となりましたが、やはり今年のウォリアーズは強かった!





これはもう誰の目にも明らかでしょうし、実際NBAライターの方の予想は概ねウォリアーズ。





私も第2・3戦くらいまでは沸きましたが、正直優勝は出来ないだろうと…。








ファイナルMVPは、2年連続でレブロン・ジェームズにマッチアップした選手が選ばれるという、逆にやっぱレブロンはすごいなと思ったりもしました。





レジェンドのマジック・ジョンソンも、NBA史上(優勝できなかったから)2番目にすばらしいパフォーマンスだった(1番はもちろんマイケル・ジョーダン)と言っているように、レブロンの孤軍奮闘振りはホントにすばらしく、両チーム合わせても彼ほど活躍した選手は見当たりませんでした。





ここで、NBA博士と話していて面白いことを聞きました。


「NBA史上一回だけ、優勝してないチームの選手がファイナルMVPを獲ったことがある。」


と。




「それはジェリー・ウエスト。」

1.jpg




まじで!?





ジェリー・ウエストと言えば、選手時代にはNBAのロサンゼルス・レイカーズでプレー。シュートの名手としてチームを牽引し、1度の優勝を経験。土壇場に強いことから「ミスター・クラッチ」のあだ名を持っていた。引退後には殿堂入りを果たしたレジェンド中のレジェンドです。





なんせNBAのロゴの人、

2.jpg

なわけですから。





で調べてみると、1969年よりNBAファイナルでMVPが選ばれることになり、シリーズ平均37.9得点をあげたウェストがこの賞を受賞した。ウェストはリーグ初のファイナルMVPであると同時に、優勝しなかったチームからファイナルMVPに選ばれたNBA史上唯一の選手だったのです!





ということは、前例がないわけではない…。





レブロンがファイナルMVPでもよかったのでは…と思ってみたりしたわけです。





まあ、優勝してないのにファイナルMVPもらっても彼は喜びそうにありませんがね(^^;)







そして、こんな古い情報がすっと口から出るうちの博士。エグイ(笑)





もはやNBA変態。
posted by MeganeNoNakanishi at 13:22| Comment(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする