2018年04月29日

徹底比較〜AJ10影編

前回の徹底比較もSHADOWカラーでしたが、今回もSHADOWです。

個人的に、単体でオリジナル以来となるこちらの方が熱かったです。


画像は全て左が2018年、右がオリジナル1995年です。

なお、今回はサイズが異なり、2018年はいつもの通り29cm、オリジナルは27cmです。


F9CDA313-E180-493D-9BEE-23A32E917F1B.jpg


01571964-8946-44F5-9481-9C49826F243C.jpg


0E272629-B1CF-4AD6-AC23-9046976C31FB.jpg


6D2DE1AD-A0B5-446F-864D-BC41B13954EE.jpg


A43622A5-3A1A-4760-A060-3518F020FD92.jpg

AIR JORDAN X “SHADOW”

サイズの違いがあるのでシルエットは比較しづらいですが、そこまで気になるほどの際は見られません。

カラーはやはり少し違う気もしますが、なんせ'95年ですので、経年変化もありますので、当時を思い出しても、そんなに違う印象はありませんが、今はやはり95年の方は黄色味掛かっています。



8E71C96F-6C05-46B3-A3B9-20FAB759FB50.jpg

素材感はかなり忠実に再現されていると思います。



0B2DC854-A5A7-487F-88A2-A81AF1E9A0D4.jpg

ヒールのロゴですが、刺繍の仕方が異なり、オリジナルの方が立体的です。シルエット自体は2018年の方が綺麗ですが、昔のジョーダンは右の刺繍方法を採用していることが多かったように思います。



746931FD-315B-42E2-AC49-D1DA40735E32.jpg

ストラップは、オリジナルは縦の線が強調されていますが、2018年にそれは見られません。

また、ストラップ自体の長さが違います。およそ2cmほどオリジナルの方が長いです。



D36A479A-1799-422F-9970-2CD33E2FE9C1.jpg

タン裏です。

2018年にはジャンプマンロゴを貼り付けいますが、オリジナルではここにサイズや品番、製造日時などが書かれたタグが貼られています。

あと、ライニングと、タン裏のチェック柄ですが、これも結構色味が異なります。経年変化かな?!



22A42B7B-7D1E-4506-9FB4-F8D83EC0D461.jpg

ライニングの内側です。

2018年はここにサイズ等が書かれたタグが貼られていますが、オリジナルではここにサイズ(US)がプリントされています。



3F0E1752-71A8-40CE-96F1-F46CA7C23A30.jpg

インソールです。

2018年にはナイキロゴがプリントされています。オリジナルは…消えてしまっていますが、どうだったのか全く思い出せません。ジャンプマンロゴだった気もしますが…どうでしょうか。



あとは、箱もオリジナルに近づけたものが付属しますが!オリジナルの箱は捨ててしまったので比較画像がありません。2018年は異様に大きい箱です笑



今回、かなり忠実に再現されているという印象でした。


当時中学生だった時に部活で履いていた思い出が蘇る、そんな素敵な一足。


オリジナル共々、大事にしようと思います(^^)




posted by MeganeNoNakanishi at 13:04| AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

徹底比較〜SHADOW OG

今年になって、新色を含め、多くのAJ1がOG仕様でリリースされており、この流れはまだしばらく続いていくようです。


世界的にAJ1が人気となっていることもあってのことだとは思いますが、逆に言うとAJ1に頼らざるを得ない感も否めませんが…



さて、先日リリースされたAJ1 OG SHADOW、2013年のものと比較してみました。ご参考まで(^^)

(ちなみに以前2013年のOG仕様と、それ以前に出たRETROさ作用を比べたことがあります。その時の記事はこちら→http://meganenonakanishi.seesaa.net/article/373294973.html)



画像は全て左が2018年、右が2013年となります。


997912E0-426B-4D39-8488-0863B7295CA6.jpg

シルエット的には若干2018年の方がすっきりしているような気もしますが、さほど変わらない印象。
2013年の方が若干猫背気味かもしれません。

グレー部分の色味が若干違います。


D1015154-BA05-467F-B7E2-DF4DEA253AD7.jpg

サイドパネルのくの字のステッチの角の位置が違います。

また、これは全体的なことですが、2018年の方がステッチが綺麗で、縫製も丁寧な印象です。


A23C0736-81FF-4582-9A95-32A0EFBCA01E.jpg

これは特にアンクル部分のレザーに顕著ですが、2018年の方が皮が柔らかいです。履き心地は全く別物です。履き口は2018年は曲線的ですが、2013年は直線的です。


CDF430BA-D22D-4923-B204-B42C05D49068.jpg

ヒールの高さはほとんど同じです。

外側と内側のスウッシュの接合部分の四角いパーツのステッチが異なります。


D3133AF5-7455-4B55-947B-D45A30DCAFC6.jpg

レースホール付近のグレー部分、縦に走っているステッチの位置が違います。2018年の方はその下の黒いステッチと揃っていますが、2013年はかなり外側にステッチがあります。


48581B46-2208-422B-98D1-FCE8C4335893.jpg

トゥ部分の穴の間隔、そして穴の大きさが違います。2018年の方が綺麗に穴が開いています。


A8F38D25-8EC2-4F9C-85AE-B890502D9D92.jpg

タンの素材は2018年の方が織り目が大きいです、

また、2018年のタグにはNIKE、SWOOSHそれぞれにR️が付きます。


E7954AE9-2906-4052-9212-BFF378667C7D.jpg

インソールとタン裏の色も違います。ロゴの色も違います。


3DCC3B18-88FA-4302-98E1-3D08A04CFE9E.jpg

ソールはほぼ同じですが、ロゴの大きさが違います。


あと、撮影してませんが、BOXのラベルが変更になっています。2018年の方はAJ1以外にも使用されるような、ジャンプマンロゴ付きのものに変更になったようです。OG仕様なので、ここは2013年のものの方が雰囲気が出ます。



と気づいたのはこの辺りです。

最近のOGは全て皮が柔らかくて履きやすいと思っていましたが、少し前に出たGAME ROYALは硬い皮で履きにくそうな皮だなと思ってます。まだ履いてませんが…笑


最近、ハイカットを履くのがだんだんしんどくなってきています。ローカットや、最近のエアマックスのまあなんと履きやすいこと笑



posted by MeganeNoNakanishi at 13:07| AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

徹底比較〜AJ3黒象編

今月の、いや今年のといっても過言ではない重要な一足、AIR JORDAN III BLACK elephant。

バタバタしましたがなんとか無事ゲットしました。



そこで今日は2007年にカウントダウンパックとしてAJ20とセットでリリースされた同カラーを徹底比較します。


画像は全て左が今回の'18、右が’07です。



1E9E6339-2A4A-46D1-B502-51D89B5D2D4A.jpg

'18は、オリジナルに近づけたOG仕様、’07はオリジナルとは一部仕様が異なるレトロなので、分かりやすい変化も多いです。

まずシルエットですが、近作のAJはどれにも言えることですが、'18の方がぼってりしています。個人的には、甲が低いので、'07のほうがしっくりきます。

アッパーの素材感は!個体差はあるかとは思いますが、シュリンクレザーのシワ具合や硬さもほぼ同じです。

あと、'18にはAJ3のOG仕様では初?のナイキロゴのキーホルダーが付いてきます。

’94年の初期復刻がどうだったのかは分かりませんが。



C9FFB561-F302-4750-8E86-AD3D78C27597.jpg

もっとも分かりやすい違いは、ヒールのロゴです。

正直なところ、ジャンプマンロゴでもそんなに違和感はないですが、やはりオリジナル同様ナイキロゴの方がかっこいいなと。

なんせ、ヒールのプラパーツの面積にはナイキロゴの方が、ピッタリ収まっている感があります笑



5BA0E0E8-660C-45C4-877A-5E10C3D6D342.jpg

次にインソールのロゴ。

これも分かりやすいですが、'07はカウントダウンパックのインソールなので、これはこれでかっこいいと思ってしまいます。

まあ正直、履いたら全く見えないのでどっちでもいいかなと(^_^;)



BCD42C99-A74B-4AA7-B812-1544FE856E22.jpg

アウトソールもヒールやインソール同様、やはりロゴが異なります。

これも正直ナイキロゴの方がしっくりです。

とこの辺りまでは分かりやすい違いです。



C38D2099-0FE1-44EF-A458-E38FEEEC638C.jpg

タンのジャンプマンロゴです。

サイズはほぼ同じですが、刺繍の仕方が違います。

今回の方が平らな刺繍で、ちょっと太って?見えます。



8420A655-3BA9-4C1E-9307-5F34EFDD0B7E.jpg

補強パーツのエレファント柄です。

AJ3のもっとも特徴的なこのパターンですが、'18の方がコントラストが低めで、これはオリジナルに近いようです。

ただ、オリジナルは色の濃い方の線がもっと細いような印象があります。

'07はコントラストが強すぎです。



F8E69406-40FE-4D9E-BE30-F4EC996BEFF7.jpg
これは並べてみて初めて気づいたのですが、タンの付け根付近と、一部レースホール付近のグレーのパーツのの穴の大きさや間隔が、全然違います。

これは断然'18の方がいいです。

'07も、これが当たり前だと思ってたので今までは気になりませんでしたが、違いが分かってしまった今、ものすごく気になります笑




というわけで、今回気づいたのはこの辺りです、!



もちろん箱や箱の中の紙は違いますが、今回はあくまで本体の違いについて書いております。




どっちが良い悪いではなく、これは単に『違い』でしかありません。


みんな違ってみんないい、そんなわけです(^^)







posted by MeganeNoNakanishi at 15:17| AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする