2017年04月23日

Rayban最新作。

今年のサングラスのトレンドは、メガネ同様にラウンドタイプです。

そして、レンズカラーは、やや明るめ。



そんなトレンドを完全に網羅したサングラスが、王道Raybanより到着しました。



2D8FA30A-D8C7-42EC-968D-DA600AAF9A78.jpg


かなり大きめのラウンドメタルタイプです。


デザイン自体はかなりシンプルですが、サイズ感がかなりインパクトがおります。




1C6982A9-9455-4A84-925B-ACD76C91E0E3.jpg

レンズも70%くらいの濃さで、相手から目が見えるくらいです。


もちろん度付きカラーレンズを入れることも可能。また、クリアレンズを入れて、普通にメガネとしてファッションに取り入れるのも洒落てると思います。



私も気になってます…笑



サングラスをお探しの方、ぜひ店頭でお試しください(^^)





当店では、只今『春のめざめ』フェアを開催中☆

8,640円以上のご購入時にご利用いただけるクーポンも発酵中!

もちろんこのサングラスにもご利用頂けます☆

詳しくはこちら。

943EFE51-C820-4BAB-8AD8-F9BF8231E13F.jpgFBB51755-F5E0-4D43-B554-F6C52808794B.jpg


posted by MeganeNoNakanishi at 09:25| Ray-ban | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

US限定という響き。

一昔前とは違い、ほとんどのモデルが、いろんな販路で正規リリースされるようになったスニーカー業界。

とは言え、日本国内はマーケットも小さいため、海外では普通に買えるようなモデルでも、国内では正規リリースがないって言うのは、いまだよくある話です。




先日届いたこちらもそんな一足。


9A0FCCB2-D904-4F7F-8C65-1F194EE746FF.jpg

NIKE AIR JORDAN IHIGH RETRO “23NY”


2014年に、ニューヨークのFLIGHT23(FOOT ACTION)のみでリリースされました限定モデルです。

しばらくは現地でしか買えませんでしたが、昨年FOOT ACTIONのオンラインから購入が可能になっていました。

ずっと気になってましたが、先日ついにゲットしました。



3C143FB6-B132-45F1-A226-3421A2904BC7.jpg

レトロ仕様なので、タンロゴはジャンプマンがいますが、その下にある『NYC』、スペシャル感があります(^^)



FC7EBB35-6CAE-42AE-A80E-7069C75C7CA0.jpg

そしてこのモデルの一番のチャームポイントはヒールのロゴです。

通常のレトロ仕様では、ここにジャンプマンロゴが刺繍されていて、この刺繍にがっかりするもの笑ですが、ここに右には『NY』、左には『23』が加工されています。

鼻血が出そうです!




4AD870B8-B2CB-479F-9D95-E3660A5915D3.jpg

また、素材づかいも面白く、アッパーにはスムースレザーと、光沢のあるソフトスエードのような素材が使用されています。

シューレースもオイルコーティングされたものかと思ってたんですが、実際には光沢のある繊維で作られているみたいで、柔らかいです。



2404E37A-C2A2-401C-9E40-AE239A22E71F.jpg

アウトソールもグレー系のクリアソールが採用されています。

LAバージョンには『Los Angeles』と書かれてますが、NYCは何もなしです。



B3FC817A-AEF4-4275-90C5-755F993A9FCC.jpg

インソールのロゴも通常のレトロ仕様とは異なり、FLIGHT 23のロゴが配されています。



16E19D6C-E02A-4C71-9800-CFD8F8CB124D.jpg

箱はレトロ仕様ではなく、なぜかOG仕様のものです。この辺りがアメリカだなって思ったり笑

あと…箱ボッコボコです。破れてるところもあるし…しかも!蓋に直接伝票みたいのが貼られています…

やめて欲しいです(涙)

箱がボッコボコなのはまあ仕方ないと思いますが、蓋に直接貼るのは本当に勘弁です…しかも綺麗に剥がせないタイプ…。



B5D3D448-1D2A-4FFE-B3CB-CD3CB20690DC.jpg

このモデルにはステッカーが3種類付属します、一つ大体10cmくらいのもので、ウイングロゴ、23NY、FLIGHT 23のロゴとなっています。こういうの使わないけど嬉しいものです。




レアかどうかは、私にとってはどうでもいい事で、なにより、『NYC』というのがいいんだと思います(^^)



posted by MeganeNoNakanishi at 11:49| AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

楽しいお絵描き〜わすだす編

次は何を描こうか悩んでいたところ、お客様よりリクエストを頂いたので、彼にしてみました。


DAAF4122-30C1-4496-8ACB-06629142B4C9.jpg


瓶底メガネに詰襟の学ラン、無精ひげ。



D93857CA-CC05-442E-B70A-8C0774C24AC4.jpg

そうです(^^)


これは正直、かなり描きやすかったです。


難しかったところが…ない笑




5161C5D6-2544-4C1B-BE2D-6EB9903AFDFF.jpg


一応、私が知っているキャラでないと描きませんが、リクエストがございましたらお気軽にどうぞ〜!



当店では、只今『春のめざめ』フェアを開催中☆

8,640円以上のご購入時にご利用いただけるクーポンも発酵中!

詳しくはこちら。

C399A207-A8FA-4783-88DC-12C76BB97C1C.jpgD1A25273-7D92-435A-B56F-4C3B933B056E.jpg

posted by MeganeNoNakanishi at 10:22| アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

本日。

本日、赤穂市周辺地域の折り込み広告に、当店のチラシが入っております。

一流ブランドの最新作から、店舗限定取り扱いのハイスペック遠近両用レンズ、キッズアイウェア、お買い得セットまで盛りだくさんの内容となっております。


また、8,640円以上のお買い物にご利用いただけます、期間限定クーポン付きになりますので、この機会にぜひご利用ください(^^)



クーポンは、以下の画像のご提示でもご利用いただけます!


6C77FB90-1BBC-43E8-93E2-39C737F5EEDC.jpgB7DE83FC-CD4D-423A-8A38-22A65B908D5A.jpg



3916BC4A-924A-4218-8026-3F2C758C2B59.jpg
8A0FC2B2-3DCF-4955-89A2-D32B91849010.jpg


posted by MeganeNoNakanishi at 10:57| セール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

徹底比較。〜ロイヤル編

久しぶりの比較記事です。


今回は、4/1に復刻リリースされた、AIR JORDAN I HIGH OGを2013年製と比較してみようと思います。



画像は全て、左側が2017年製、右が2013年製となっております。




467441A1-0039-4DA0-AE02-020B818306E7.jpg
まず、青の発色の違いがまるで違います。2017年製は鮮やかに青く、2013年製は、少し赤みがあるというか、少しムラサキ掛かっています。

また、2017年製の方がカットが高いです。

約1cmほど違います。

そのため、比べてみるとヒールの補強パーツの高さが違うので、自ずとスウッシュの位置も違います。

また、2013年製は結構猫背です。




E7098DB0-B252-4BB5-979F-396A820B7F2C.jpg

バックから見てもその高さの違いはよく分かります。

また、ヒール中央部分の四角いパーツの大きさが違い、その上を走っているステッチも、2013年製は四角く縁取るようにステッチされているだけなのに対し、2017年製はサイドパネルの黒いステッチがそのままこの四角いパーツの上を走っています。これは、ナイキのアーカイブの資料を見ると、2017年製の方がオリジナルに近いようです。



0CFF19F6-7AE1-4783-A286-8F67FDFF8D02.jpg

今回の復刻との一番分かりやすい違いは素材感だと思われます。

2013年製がアッパー全てをスムースレザーで構成されているのに対し、2017年製はスムースレザーとタンブルレザーを組み合わせた構成となっており、そのシワシワ感はサイドスウッシュとトゥパーツに顕著です。

また、2013年製のスムーズレザーは非常に硬く、お世辞にも履き心地が良いとは言えませんが、2017年製は非常に柔らかいレザーが使用されており、履き心地は格段によくなっています。

だから2017年製の方がいいかと言われると、それはまた別の話ですが…

あと、縫製に関しては抜群に2013年製の方が綺麗です。



71AF9D58-39D2-40D1-B0F2-26CFFFD6CC4D.jpg

トゥ部分に開けられた通気用の穴は、位置も穴の大きさも全然違います。

これもナイキのアーカイブ資料を参考にすると、穴の位置は2017年製が、穴の大きさは2013年製が近いようです。



169E1F63-1847-4E44-93E3-D83EF28C6FB7.jpg

タンロゴは2017年製の方がハッキリしています。

また、タンの素材も違い、2017年製はナイロン感が強いのに対し、2013年製は少しマットな風合いの生地が使われています。



833E7E88-9117-4BCF-89D1-81028A168897.jpg

ライニングの素材感も、2017年製はよりメッシュ感が強い素材になっています。

写真では分かりづらいですが、インソールの色も2017年製は白、2013年製は黒、また、ナイキロゴの向きも違います。



FBE8FFC6-C3B0-44A1-AA6C-1B2B2915DAA9.jpg

アウトソールはほぼ一緒かー…

と思っていましたが、ナイキロゴの大きさが約5mm2017年製の方が大きいです。今回一番驚いたのはここでした笑



この他にも差異があるかもしれませんが、私の気づいたのはこの辺りです。

同じカラーリングでも、作られた時期によりこんなにも違う。

どっちが良いかと言われると、どっちもいい。


それぞれの特性の違いを楽しむのもスニーカーの楽しみ方の一つです。よね?



posted by MeganeNoNakanishi at 16:59| AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする